カジノ

パイザカジノ バカラでの賭け方は?2種類の賭け方を解説

最近話題になっているオンラインカジノですが、皆さんはもうやったことはありますか。今回は数あるオンラインカジノの中でも、安心して遊べると人気のあるパイザカジノでのバカラの遊び方を解説したいと思います。バカラは2枚あるいは3枚のカードを使ってバンカーとプレイヤーの勝敗を予想するゲームで、カジノで最も人気のあるゲームと言われています。それはオンラインカジノでも同様でバカラのテーブルがもっとも多く、プレイヤーの数も非常に多いです。

パイザカジノを利用するにはまず会員登録を行います。サイト上にある「会員登録」ボタンをクリックして各種情報を入力することでアカウント登録を行うことができます。次に実際にゲームをプレイするには入金をする必要があります。入金申請メニューから希望する入金方法と入金を反映させるソフトウェアを選択すれば、パイザカジノで遊ぶ事前の手続きは完了です。

そしていよいよプレイ開始です。さて今回はバカラの賭け方を解説したいと思いますが、その中でもメジャーな賭け方であるグッドマン法とマーチンゲール法と呼ばれる賭け方をご紹介します。グッドマン法とは1235法とも呼ばれるシステムベットで、初期ベットを決めたら勝つごとに初期ベットの2倍、3倍、5倍と、連勝すればするほどベット額が上がり負けたら初期ベットに戻すという方法です。

この賭け方のポイントとなるのが2連勝しないと利益が出ないという点です。2連勝した後はそれまでの勝利金を担保にして勝負することで2連勝後は3回目、4回目に負けても損失が出ないということになります。2連勝できないと確実に負けてしまいますが、初期ベットに戻すので負債はそれほど大きくなりません。

このグッドマン法とは真逆の方法としてマーチンゲール法というものもあります。この賭け方は負けたら次に賭ける枚数を2倍に増やしていくというものです。例えば1枚で始めたら2、4、6、8と勝つまで倍ずつ増やしていきます。そして一度でも勝てばそれまでの負けを取り戻して、必ずプラス1になるというわけです。この方法ではどのタイミングで勝っても常にプラス1となるので、負けの挽回に有効な方法ということになります。

これらの賭け方を比較してみると、グッドマン法では連勝できなければ意味がありませんが、逆に連敗しても大きな損失は被りません。一方マーチンゲール法は逆に大連敗さえしなければ少しずつですがお金は増えていきます。どちらの方法をとるかはあなた次第です。パイザカジノでバカラの賭け方をいろいろ試してみて、あなたの得意な方法を見つけてください。