カジノ

オンラインカジノで一攫千金 パイザカジノのバカラ攻略法とは

パイザカジノでは通常のバカラから特殊なルールのものまで数多くのバカラが用意されており、自分の好みで遊ぶことができます。パイザカジノの掛け金の上限は非常に高額で、百万円以上賭けることができることができるテーブルも多くあります。一方で最低賭け金額が低額なテーブルも多く、100円、数百円からかけられるテーブルもありますので、自分の予算に応じて遊ぶことができます。

このようにパイザカジノのバカラは賭け金額の範囲がとても広く、それを活かした攻略法があります。バカラの場合、ブラックジャックなどとは異なり賭け金額を決めたら勝負がつくまでは結果を待つのみで、プレイヤーのアクションはありません。このためバカラではペイアウト率の高い賭け方をすることと賭け金額に変化をつけることがポイントとなります。

ペイアウト率とは平均して賭けた金額の何%が戻ってくるかを表した数値で、勝率と払い戻し倍率を賭けることでペイアウト率を計算することができます。例として8デッキのトランプでのバカラを想定すると約45.9%でバンカーが勝ち、約44.4%でプレイヤーが勝ちます。また賭け金額の2倍近い払い戻しがあり、引き分けの場合は掛け金額がそのまま返されます。この場合のペイアウト率は、2×44.4%+1×9.6%となり、計算すると98.4%になります。平均すると賭け金額の1.6%がカジノの取り分となり、98.4%がプレイヤーに戻ることが分かります。

ペイアウト率が高ければ高いほどカジノの取り分が少なくなり勝ちやすいことになります。パイザカジノのバカラにはさまざまなルールのものがあり、払い戻し倍率が高い賭け方もありますが、どれも勝率が低いのでペイアウト率を見ると不利な賭け方といっていいでしょう。このためペイアウト率の高いプレイヤー・バンカーにだけ賭けることが攻略の基本となります。

次の攻略ポイントは賭け金額に変化をつけるというものです。カジノの取り分が数%あるということは、沢山プレイすればその分全体では損が出る可能性が高まります。そこで有効なのが賭け金額に変化をもたせることなのです。掛け金額に変化をもたせる方法にもさまざまなものがありますが、単純でわかりやすいマーチンゲール法を紹介します。

マーチンゲール法は払い戻しの2倍の賭け方をする方法で、負けるごとに金額を2倍に増やし、1勝したら賭け金額をもとに戻します。この方法では何連敗しても1勝すると始めの賭け金額分の利益が出ます。同時に掛け金額の上昇も急激です。勝率約50%で払い戻しが2倍の勝負をする方法が基本戦略になります。このほかにもさまざまな賭け方がありますので、いろいろ試してみて自分だけの攻略法を構築してください。